特選人気コンテンツ
■アクティバン中心にメンテナンス記事約100本 走行40万キロへの道
■アクティバン ブロアーモーターの交換 DIY
■アクティバン タイロッドエンドブーツ・ロアアームボールジョイントブーツの交換 DIY
■アクティバン オルタネーターをどう交換するか決定するまでの道しるべ
■アクティバン スタビリンク交換
■アクティバン ミッションオイルの交換 5MT MTF-V
■たかがステッカーされどステッカー チープかつ効果のあったアイテム

アクティバン ヘッドカバー タペットカバー パッキン 2種 比較 ガスケット バモス ホビオ 大野ゴム オイル漏れ にじみ HH5 E07Z

20170109_140448.jpg

数ヶ月前に交換したヘッドカバーのパッキンが早期にオイル漏れを再発してしまった・・・。

そんなわけで短期間に2種のヘッドカバーパッキンの取り付けを経験することとなりました。

前回の模様

今回はこれまた社外品の大野ゴム製。

整備工でもしていないとなかなか比較などできないと思うので、ブログとしては格好のねたです。

耐久性は交換直後なのでわかりませんが、取りつけ作業の容易さにおいては大野ゴムの圧勝。

理由はパッキンが溝にぴったりはまってひっくり返しても落ちることが無い程に精度の高いパッキンでした。

前回のものは幅がスカスカで密着させるのが難儀だったので、これだけでも印象はかなり違いました。

液体パッキンをてんこ盛りにしないと逆さになったときに密着状態を保持できませんでした。

今思うとそれが早期漏れの原因だったのかもしれかせん。

大野ゴムは質感にも差を感じました。

比較すればこちらのほうが弾性に富んでいてすぐ良いゴムと感じます。

作業はきっちりやればどちらでも良いとは思いますが、

確実に簡単に作業するなら大野ゴムのパッキンが良いと思いました。

アクティバンやホビオ、バモスの場合、ヘッドカバーを差し込む隙間はあまり余裕が無く、

前回の作業時は合体する前にどこか触れてパッキンが容易に脱落してしまいました。

実際に何度か落っこちましたし、1回目は失敗してオイル駄々漏れしましたし・・・。

今回の大野ゴム製はそういう不安は一切無く、1回でばちっと成功しました。

数百円の違いですので今後機会があれば大野ゴムのものを使うと思います。

いや、失敗の経験を思い起こせば・・・1000円違ってもこちらを使うと思います。

以上、実体験に基づく感想でした。

そして、先日の記事にも書きましたが、現在なら単品買いならこの店。



安い郵送方法を利用して価格を抑えている上に翌日厳重梱包で届きました。
(翌日到着は単なるラッキーかもしれませんが。完璧なオーダーでした。)

20170109_150534.jpg

距離こそ沢山走っているうちのアクティ号ですが、もれは経年の要素が大きいのかなと思います。

購入から10年目くらいのオーナーは要注意かと思います。

20170109_150517.jpg



トルクレンチを使いましたが、これゲージが見えなくてもピーっと音で知らせてくれるので 使いやすいです。



posted by バイク便ライダー at 17:57 | TrackBack(0) | メンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
バイク便八王子立川所沢0120-38-0819 - View my recent photos on Flickriver
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。